about

 寄木細工は江戸時代、箱根に関所が設置され小田原が街道筋の要衛として賑わいをみせた頃より、樹種豊富な箱根山中の畑宿に発展した木工技術です。
 木にはそれぞれの色があり、木目、木肌があります。寄木細工はその木の多様さ素材として手仕事にて幾何学模様を作り出します。模様板をカンナで薄く削り貼る技法、寄せ合わせたブロックをそのまま仕上げ、木の風合いを楽しむ技法、また嵌め込み技法により、絵画や図案を表現するものが木象嵌細工です。

こちらでは自工房で板材からの木取り~塗装まで制作した寄木細工、指物、木象嵌を中心に扱います。
贈り物、インテリアにどうぞご利用ください。
 お求めになった製品は、直射日光、高温、高湿を避け
大切にご愛用下されば幸いです。
一つ一つ手作りのため色合いが異なることがございます。

ショップ名
Atelier美木
Instagram
https://www.instagram.com/ateliermiki2005
Twitter
https://twitter.com/ateliermiki2005
10000円以上のお買い上げで 送料無料

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド